日本橋で開催された出会いのショー

阿寒鼻フェラ
日本橋行くよ
先日、私はテレビを見ていて、「デート感」という言葉に出会いました。

青森で開催された「カーリングミックスダブルス」の試合結果を紹介するショーでした。ゲームを表示するビデオと一緒に、視聴者からの「つぶやき」(または日本橋から)そしてゲームは同時にテキスト情報として送信されました。

一言も覚えていませんが・・・
日本橋 出会い

「二人のデート感」はたまらない内容だったので恥ずかしい…。

「日本橋感」……ふじやまペアの様子を伝える絵を見ながら、ふるまいや会話など、あらゆることを伝えるのにふさわしい言葉だと確信しました。雰囲気も完全に。

それでは、なぜこの言葉が印象に残ったのでしょうか… …、「デート感」?

要は、寒い冬が終わり、色とりどりの花が咲き始めているこの季節に、「ああ、桜の木の下で散歩をしたいのですが…」(私は)そこにいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です