日本橋の出会いがあると知っていただきたい

日本橋の出会い落札率とは、発注者である自治体が算出した最大建設価格の100%としての割合です。

だから、そもそも地方自治体の見積もりが低かったら、たとえ99%落札しても
利益なし
それもあると知っていただきたい。

公共事業には国土交通省の定める単価がありますが、単価がいくら高くても、
単価が小さければ
儲け感はありません。

たとえば、巨大なマシンを使用する場合、
単価が数万個でも目標は数千円程度。

賃借時に日常の使用料がかかりますが、公共事業は時間を基準に計算しています。

日本橋の出会い、断面積が0.535で距離500mの砕石を使用すると仮定すると、
それらはくるくるで、断面積は0.5で計算されます。その結果、数万円の損失となります。記入すると落札金額が高くなります。
日本橋の出会いの王覚醒サーキット」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です